本来のPT・OTについてNo.14

治療医学では使用されない用語:

 

評価:Evaluation

性質(quality)、重要性(significance)、量(amount)、程度(degree)、状態(condition)など

その価値(worth)に関して試験及び判断すること。

 

 リハビリテーション(社会復帰)においては、評価が必要になります。

 

 永続的な障害が個々の患者にとって、どのような意味があるのかを判断し、

 社会復帰の条件を決定します。

 

 そのためには患者を取り巻く社会背景や個人の価値観を含む情報や医学的、社会的、教育的、

 職業的な支援が必要なため、PTOTのみではできません。

お問い合せ先

事務局メール

(↑ここをクリック!)

お知らせ

2019年度の予定を更新・変更しました。

H29、H30、R1年度の会員の更新手続きをお願いいたします。

教育研究コース 申し込み開始!

2020年2月22・23日開催

詳しくは、SJF学会のホームページをご覧ください。

SJF学会で検索

2019年SJF学会神戸大会は、ボバース コンセプトの紀伊先生、PNFの柳澤先生をお招きしてのシンポジウムなど開催され、盛会裡に終了いたしました。