本来のPT・OTについてNo.21

OTの治療(例として)

緊張性作業療法として

 

心身の緊張(Tone)の改善:

病気という状態になると、ベッド臥床による活動性の低下

精神的な適正な緊張度、いわゆるMotivationの低下や

身体の適度な筋緊張の保持が難しくなります。

 

OT治療:

興味関心のある作業活動(Activity)を選択し、心身に刺激が加わることで活動をするために必要な心身の緊張度を高めます。

 

効果:

これが改善することで、PTOTの治療でしか良くならない症候に対して次の治療手段を行いやすくなります。

お問い合せ先

事務局メール

(↑ここをクリック!)

お知らせ

オンライン研修会申込募集中!

SJF本部:5/27「障害論」

関西支部:定期:5/21

関東支部:5/14

詳細:各ホームページをご覧ください。

読むべき文献に新しい内容を追加いたしました。

R4.4.28岡山真実会&大地会コラボレーションオンライン研修会終了

日曜勉強会に変わる支部勉強会オンライン:5月28日(土)21時より開催いたします。今年度のテーマ:「治療医学の基本」各論

R4.4月~6月大地会抄読会:第8期申込開始間近 いつからでも参加OK!

第22回九州学術大会の演題募集!参加も募集中!

書籍ご紹介:以下の書籍の下肢編が刊行されました。(下の画像は、Webより転載しています)

R3、R4年度の会員の更新手続きをお願いいたします。

感染症による予防対策としまして、当面の間、各ブロック勉強会は中止といたします。