本来のPT・OTについてNo.21

OTの治療(例として)

緊張性作業療法として

 

心身の緊張(Tone)の改善:

病気という状態になると、ベッド臥床による活動性の低下

精神的な適正な緊張度、いわゆるMotivationの低下や

身体の適度な筋緊張の保持が難しくなります。

 

OT治療:

興味関心のある作業活動(Activity)を選択し、心身に刺激が加わることで活動をするために必要な心身の緊張度を高めます。

 

効果:

これが改善することで、PTOTの治療でしか良くならない症候に対して次の治療手段を行いやすくなります。

お問い合せ先

事務局メール

(↑ここをクリック!)

お知らせ

H30年度広島大会誌をお送りしました。届いてない方は今年度の更新をお願いいたします。

2019年度の予定を更新しました。

6月の日曜勉強会をインフォメーション研修会として日程を6月2日(日)から23日(日)に変更して行います。

7月大地会研修会 申し込み開始しました。

宇都宮 初夫 SJF学会 理事長研修会

7月27日(土)28日(日)

H29、H30、R1年度の会員の更新手続きをお願いいたします。

2019年10月神戸学会の申し込みが開始されました。

演題の応募期間が6月15日まで延長になっております。皆様のご応募を応援いたします。