本来のPT・OTについてNo.23

ここまで、治療医学の中の物理医学(PTOT)について記載してきました。

 

実際には、関連の薄い「リハビリテーション」について、区別できるように記載してきませんでした。

ただ、これから法律を基に日本のPTOTについて記す時には、やはり避けては通れません。

 

まずは、「リハビリテーション」についてWHOの定義を基に記載を始めます。

 

医学の話をする時には、使用される言語を定義通り使用し、福祉や一般の方に話す時には分かりやすい言葉を選択することは必要です。ただし、同じ次元ではないところで曖昧に使用することは避けなければなりません。そのようなことがないようにします。

お問い合せ先

事務局メール

(↑ここをクリック!)

お知らせ

お詫び:自動返信メールについて

自動返信メールの再設定をしましたところ、今まで届いておられない皆様にまとめて送信されました。ご心配、お手数をおかけいたしました。削除ください。申し訳ありません。

オンライン研修会申込募集中!

関西支部:定期:1/21

SJF本部:2/11 「管理コース」

関東支部:3/4「PTOTに必要な物理学と薬理学」

ビデオ再生R4.7測定検査:申込開始!

日曜勉強会に変わる支部勉強会オンライン:1月17日(火)21時〜 今年度のテーマ:「治療医学の基本」各論:頚部

書籍ご紹介:以下の書籍の下肢編が刊行されました。(下の画像は、Webより転載しています)

R3、R4年度の会員の更新手続きをお願いいたします。

感染症による予防対策としまして、当面の間、各ブロック勉強会は中止といたします。